退職の理由

退職の理由

会社を中途退職する理由は、人それぞれ様々です。

 

退職を決意する理由の中には、家庭の事情などやむにやまれぬ事由の場合もありますが、多くは、自身のスキルアップを図ることを目標としたもの、また職場を変えて心機一転を図ろうとしたもののどちらかに大きく分類されます。

 

ひとつの企業に一定の期間にわたり所属していると企業のいろいろな面が見えてきます。

 

会社への理想とギャップが大きい

期待通り、期待はずれの両面が鮮明になってきます。
期待はずれの場合の多くは、このままの職場環境の中にいたのでは、自身の能力を、これ以上フルに発揮することが難しいと判断されるものになります。

 

その背景には、企業の規模、経営方針、伝統の重視、予算、景気などが障壁となっていることが多く、それを取り払うには、自分一人の力では如何ともしがたい場合が挙げられます。この場合、新たな職場環境を求めての転職を選択することになります。

 

自分の適正にあった仕事ではなかった

一方では、企業の社員に求めるレベルに対して、自身の能力では十分に応えることができないと判断する場合もあります。
この場合も、能力に見合った新天地への転職を選ぶことになりますが、これはあくまで自分自身を再度見直して、仕事の能力を向上させたいとする前向きなものになりますので、決して否定的に考える必要はありません。

 

スキル面の見直し以外の退職理由としては、職場内の人間関係のしがらみを刷新したい、勤務形態に置いて心身両面で負担を減らしたい、企業の経営が危なくなってきている、リストラの指示が下された、家業を引き継ぎたい、自営業を始めたい、資格取得などの勉強に専念したい、といったものもあります。

 

健康維持は社会人の基本・前向きな人生の基本

健康を犠牲にしてまで働き続けることが望ましいことかどうかは、個々人の判断に委ねられますが、退職、転職にあたっての正当な理由になります。
どのような理由であっても、これまで勤めてきた会社から得ることができた面を生かして、新たな気持ちで前進していくことが大切になります。

関連ページ

寿退社も簡単ではない!女性ならではの人間関係は別格のつらさ
私が寿退職をした時の話です。 当時の私はとある金融企業で事務をしていました。容易に想像が付くと思いますが女性同士は派閥があり、怖い先輩たちがいて私はどうも苦手でした。
前職を辞めた理由は必ず聞かれる
辞める理由は様々ですが、別の会社を受けるときにその理由を聞かれます。